2008年07月28日

ものの尋ね方・言い方

いつもお越しいただきありがとうございます(´ェ`*)


ものの尋ね方と言い方、口のきき方について

面白い出来事が今日2つあった


@設備貸与制度について問い合わせた時

設備貸与制度の対象であることが先日正式に認められました!
経営指導も期間不足ですが、融通をきかせてくださるとのことです☆


まず、提出する連帯保証人の所得証明書は原本かどうか尋ねた

(この時点で常識がない子と思われたのかも)

その後、連帯保証人になれる人について尋ねたら

「おたくは法人なの?」と聞かれ

「いえ、個人事業者登録も法人登録もまだしていません」

と答えたら

「ああ、じゃあ申請無理です。」

と言われた・・・


いやいやいやいや今さらそんなこと言わないで!!!(((゜д゜;)))

「創業前の経営指導は受けてますが・・無理なんですか?」

と返事をすると

「6ヶ月受けてないでしょ?無理ですよ」

と言われた・・・


いやいやいやいや話が違うし!!!(((゜д゜;)))

確かに原則6ヶ月前からの指導が必要だけど

創業の時は融通が利くって言ってたのに・・



最終的に、担当の方の名前を出して

この方と話を進めさせて頂いています、ということで

普通に記入欄の書き方を教えて頂き終わった


忙しかったら申し訳ないと思い、一般的な質問だったことから

担当者の方を呼ばなかったのがいけなかったんかな

どっちにしろ、これが初めての問い合わせだったら

設備貸与、断念=創業、断念してたやん・・・恐ろしい(`Д´)



A税務署へ問い合わせた時


WEBサイト制作外注費を売上原価にのせるべきか

販管費にのせるべきか、はたまた減価償却すべきなのか

経営指導員の方に「税理士さんに相談した方がいいよ」

と言われていた


当然、税理士さんの知り合いなどいないため

商工会に頼ろうと思ったけど、火曜しか開催しないみたい

しかし火曜は仕事なので相談できない

というわけでとりあえず福岡税務署に問い合わせた


≪ラウンド@≫


「すみません。今、創業前で損益計算書を作ってるんですが・・」

『は?損益計算書は創業してから作るもんですよ?』

「いや、予想損益計算書を融資申請で提出する必要がありまして・・」

『そういう質問は分かりません』

(まだ何も聞いてないやん!!)いや、仕訳について知りたいんです。HP制作費をどこに計上すべきか・・」

『そういうのは自分の顧問税理士か書店で調べてください。

税務署は損金と益金しか見ません。

内訳をどうしようと企業の自由です。』

「・・・・・分かりました。ありがとうございます。」


納得できねえ!!!(`Д´)
なんのための相談窓口だよ!!



わかった、尋ね方が悪いんだな

うちの管轄じゃないと思われたらアウトだ

もう一回かけて、同じ人が出たら・・切ろう(;´Д`A ```


≪ラウンドA≫

「すみません、今個人でHPで収入を得てるんですが

HPを作る費用はどこに計上したらいいんでしょうか?

経費として扱ってもいいですか?(よかった、別の人だ!)

『何かものを売ってるんですか?』

「いえ、広告で収入を得ています」

『そうですか、じゃあ原価とは言えないですね。

販管費としての扱いになります。必要な機器は減価償却になります。

詳細を聞かないとなんとも言えませんが、少なくとも原価ではないです』

「原価がゼロになってもいいもんなんでしょうか?」

『大丈夫ですよ。税理士さんなんて原価ゼロでしょう(笑)』

「そうですね!分かりました、ありがとうございます!」


よっしゃー!(`Д´)

売上原価じゃないことがはっきりすれば十分!



話の始め方、聞き方でこんなにも結果が違うとは・・

勉強になりました


今日も応援クリック★
ありがとうございます(´∀`人)

banner_02.gif
にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
posted by maimai at 16:38| 福岡 ☀| Comment(10) | TrackBack(0) | 起業への道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月25日

事業計画書、完成間近

いつもお越しいただきありがとうございます*:.。☆(´∀`人)


暑い中チャリこいで、今日も商工会議所行ってきました

21ページにわたる事業計画書

はじめは3ページだったのにここまで増やした


全て目を通して頂いて

「緻密な計画ができてます」

とのお言葉!!


・・・やった!!!!!!!!


・文字ばかりで取っ付きにくいこと

・他社とのコンセプトの違いが抜けていること

・WEBに疎い人にもう少し説明が必要なこと

以上3点の指摘を頂いた

今回は「根拠」についてもあまり触れられなかった


この3点を補足できれば、、、

ひょっとしてもう提出できる!?

安易すぎるかな・・


ああ〜どこまで作りこめば審査通るのかが不安!!

経営相談員の方、50人くらいに

YES!と言ってもらわないと不安!



〔事業計画書の内容〕

・エグゼクティブサマリー
・事業概要
  事業名
  事業計画書作成の目的
  事業の背景
  創業の動機
・事業内容
  サービス内容と特徴
  市場規模と成長性
  顧客ターゲット
  顧客ニーズ
  競合との差別化
  想定されるリスクとその対応策
・販売活動
  販売活動基本方針
  顧客ターゲット
  販売ルート
・マーケティング
  価格戦略
  プロモーション戦略
  ユーザー獲得計画
・購買、外注計画
  購買・外注先の選定
  購買・外注スケジュール
・人員計画
  採用計画
  人員計画・人件費計画
・資金計画
  設備資金計画の内容
  設備投資スケジュール
  初期資金調達計画
・販売計画
・損益計算書
・資金繰り予測
・添付資料


長かった・・ここまで作るのに何ヶ月かかったんだろう

でもやっぱり、これがうまくいくのは頭の中だけで

現実になるかどうかは私にも分からない


今日らんさんにコメント頂いた様に

企業に電話したり足を運んだりして

本当にこのサービスが必要とされてるか確認したい 


確認したいけど

もし必要とされてなかったら・・・

いや、それは始まってから分かっても遅い

恐れずやらなければならないのでは??


ああ、でも、電話かけるの苦手!!!

話するのも苦手!!


とか言ってられんでしょーが!社長!!(`Д´)


今日も応援クリック
ありがとうございます!
社長がんばります!

banner_02.gif
にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ


posted by maimai at 01:31| 福岡 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 起業への道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年07月24日

根拠を示せ!

いつもお越しいただきありがとうございます(´ω`)

更新がない間もたくさんの方に訪問頂きました

全然進捗報告できずごめんなさい

ありがとうございます!


**************************

5月に会社に退職の意思を伝えた

6月に認めてもらえた

7月に同僚に報告した

8月に部下に報告する

9月末に退職する

10月に創業する

・・・

10月の創業、間に合わないかもしれない

まだ融資申請してない

まだ!?なにしてんの!?という声が聞こえてきそうだけど

まだ事業計画書が完成してない


融資申請は一度すると審査に1ヶ月かかる

設備貸与制度は2W〜1ヶ月

どっちにしろ、一度申請して落ちたら

再審査からまたさらに同じ時間がかかる

死活問題です


28歳までに起業するという夢を叶えるチャンスは一度きり

もちろん落ちても再申請すればいけるけど

「28歳まで」という部分が大事


本当にもし落ちたらどんな選択肢が残るんだろう

人に借りる?出資してもらう?親類に頼る?

なんでもいい

とにかく11月末の28歳までになんとかせないかん


融資申請・設備貸与は共に

商工会議所の経営指導員の経営指導が必要とのことで

事業計画書が大体できたので、明日見せに行く


商工会議所、行くの何度目だろう

行くたびにいろいろご指摘いただき

「読む気になりません」と中身を見てもらえなかったり

「根拠が足りません」で終了したり

・・・

ああ、疲れました

現職との両立でへとへとです

最近暑いのでなおのことだるだるです

でも、やるしかない

やらな進まん


どんだけかちんとくること言われても

そう思う人が一人でもいる限りそれは私の責任

100%人を納得させられる事業計画書を!

とまではいかないまでも

たった一度のチャンス

全力で行くしかない


何度も何度も何度も作り直して

事業計画書の残骸がデスクトップに山ほどある


せっかく作成できるスキルを身に付けた財務諸表も

提出書類としては必要ないそうで・・・

こんな難しいもの作らなくてよしと言われた(ノω`)

こんなもんも作れるんですよ!

経営者として勉強してるんですよ!って

言いたかっただけなんだけど

まず見やすい、見たくなる様なものを作れと

確かに仰るとおりです・・ 

自己満足だったわけか


めっちゃ時間を割いて作った財務諸表達は

見事にゴミ箱の中

きっといつか何かの役にたつだろう



起業を目指し始めたばかりの方が

このブログを読んだ時の参考のために残します


世の中には山ほど事業計画書のフォーマットがあって

そのレベルはピンからキリまであって

めっちゃ簡易的なものから何十ページに渡るものまであります


未だにどれを使えばいいか分かりませんが

これ!っていうのはないんやと思います

見る人によって評価も様々です

足りんって言ったり、十分って言ったり


でも皆、口を揃えて言うのは

「根拠を示せ」です

「根拠」がなんなのかは教えてもらえません

どうやって示せばいいのか未だによく分かりません

とにかく必要なのは「この事業はうまくいくかも」

と思わせるものです

そう思わせられれば多分何でもいいんだと思います

だからみんな具体的に何なのかは教えてくれんのかな


「1ヶ月30件新規取ります!」って言っても

「で、この数字はどこから持ってきたの?」と言われます

「一日何時間テレアポして、そのうち5%アポ訪問に至って

そのうち10%が成約に至るから30件です!」

って言っても、それは根拠じゃないそうです


「じゃあなんで5%、10%なの?」

って聞かれて

「前職が12%〜13%だからです」

って言っても

「いや、だからそんなんじゃなくてなんで5%なの?」

・・・・となります


そんなもん、達成するんだよっ!!(`Д´)

って言いたくなるけど、通用しません

もうお手上げです



前職で、営業マンが

「この売上目標、ど〜やって達成すんの?」と言われ

「行動量増やします!」って答えて

上司に呆れられてたのを今思いだした


・・・そっか、そういうことか

これと同じこと言ってんのかなワタシ

難しい・・・数字の根拠って難しい



ああ、明日はどんなお言葉を頂けるのだろう

とりあえず中身見てもらいさえすれば成長したということで・・・


お金、ちゃんと返しますから

貸してください(TωT)



いつも応援ポチ
ありがとうございます☆
がんばってます!!

banner_02.gif
にほんブログ村 ベンチャーブログ 女性起業家へ
posted by maimai at 00:55| 福岡 ☁| Comment(5) | TrackBack(0) | 起業への道のり | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。